MENU

祝・逮捕!当サイト管理人が及川健二氏から受け取った痛々しいセクハラ出会い厨メール #バグるリベラル男性

あ~こいつ! 知ってるぅ~!って思った!

報道によると、3月17日、大阪市長が住むマンションに侵入したとして、大阪府警は、建造物侵入の疑いで、及川健二氏という人物を逮捕したそうです。

及川氏は「日仏共同テレビ局フランス10」というウェブメディアを運営しています。
メディア名に「日仏共同テレビ局」とありますが、おそらく取材拠点は日本だけです。ニュースサイトとYoutubeチャンネルが存在します。

論調は、反権力のリベラルです。

リベラルというと、一般に多様性を重視する立場と理解されていますから、ジェンダー平等や女性の人権の擁護には親和的なはずです。

しかし……

言っていることと、やってることが、こいつ、違うんです!

目次

当サイト管理人が受け取った痛々しいメール

MixiというSNSがだいぶ前に流行っていました。
その時、及川氏とやり取りしたことがあります。

自分はアイコンをアニメアイコンにして、プロフィールには「多言語可・英語・韓国語・派手髪好き」とかって書いておきました。あまり深く考えず適当に書いてました。

その状態で社会学などのコミュニティに参加してました。
そしたら及川氏からメール(正確にはMixiのDM)が届きました。
自分は性別を伏せてましたが、及川氏には女性だと認識されてました。

それでいきなり出会いを求める内容になっていて、性的な内容も含まれてました。
いきなりそういうのは変ですよね。普通にセクハラメールといっていいでしょう。
その時点でヤバイと思うのですが、もっと面白いのはここです。

及川氏は「こないだ大黒摩季さんに会ったよ」などと、有名歌手の名前を出してきました。他にもいろんな芸能人の名前を出してました。芸能界と繋がりがあることを示唆して、関心を引こうとする作戦のようでした。謎アピールすぎて痛々しいです(笑い) ※もちろん大黒摩季さんに罪はないです。本当に会ったのかもわかりません。

困惑を通り越して笑うしかないのですが、芸能界に関心のある人もいるでしょうから、これはこれで悪質です。

聞いた噂によると、どうやら及川氏は自分以外の人にも似たメールを送っているようです。送られた相手には共通点があり、英語話者など海外にゆかりのある人が多いです。そこにフェティッシュを感じるタイプらしいです(うげー)、まぁ、端的にいって気持ち悪いですね。

最近はTwitterでセクハラDM

及川氏については、このような告発もなされています。

【定期】私に何度も #セクハラ #DM
を送って来た @oik_en #及川健二 が私をブロックしました。
Twitterに通報したものの『問題ない』とのメール回答が来て、どうにもならないので、問題ないならDMを晒します。彼は私に謝罪すべきだ。
#要注意人物 #性犯罪者 #拡散希望 #拡散希望RT
https://twitter.com/chatnoir_Kyo/status/1638071964115030016
(リンク先はセクハラDMのキャプチャ画像あります。閲覧注意)

この人も英語ツイートがあるので英語話者なのかも。

10年以上前から女性蔑視ツイート連発

気になったので及川氏のTwitterを調べてみると、昔から女性蔑視ツイートを連発してました。

連合・芳野会長に)女性というだけで、もてはやされるのは、時代錯誤も甚だしい。
https://twitter.com/oik_en/status/1598984168486371329
国際女性デーで今年発したミソジニーな私
https://twitter.com/oik_en/status/1527193818843709440
大晦日番組でベッキーが蹴られたのは女性差別だという人がいる。久本雅美が蹴られても女性差別というのか⁉
https://twitter.com/oik_en/status/961233929503035392
週刊女性・記事を読む。痴漢えん罪の視点がゼロなのが、不満だなあ。
https://twitter.com/oik_en/status/1384907641433038856
大統領は女性について言った。 “20代は若すぎる。30代はまあマシだ。女性で一番美しいのは40代前半だ” 山尾しおり議員は43歳。
https://twitter.com/oik_en/status/907162798727208960
女性専用車両は、あくまでも、法的には、女性優先車両。 男子禁制ならば、市営地下鉄や都営地下鉄の場合、両性の平等に反してしまうがや。憲法違反
https://twitter.com/oik_en/status/964490798212382722
知人の朝日新聞記者から聞いた話。三浦瑠璃先生は胸元の開いたセクシーのドレスでいらして、左派知識人を籠絡してたとか。 おそらく自分でも美人という自覚はあり、セクシーな、女性性を売り込むしたたかさを持ち合わせているんでしょうな‼
https://twitter.com/oik_en/status/962736249877311489

不審な行動も。。

朝の声かけ終了。 外国人の女性が歩いてらしたんで、英語で声かけ。
https://twitter.com/oik_en/status/1538329953401716736
先日、20代の女性2人に声をかけられたが、今日は20代の男性に声をかけられた。
https://twitter.com/oik_en/status/1517683304254042112
パリでは路上ナンパを路上ハラスメントと呼び禁止している。路上ハラスメントは国レベルでも、いま禁止されそう。 女性に声をかけられないなんて、不自由な国になったもんだ
https://twitter.com/oik_en/status/961134593012387841
Parisでミニスカートの女性なんて見たことないけどね。街娼以外は。 私の前に白いぴちぴちのズボン(パンツ)を履いた女性が現れ、歩いていく。後ろから見ると黒のTバックがスケスケだった。セクシーな女性
https://twitter.com/oik_en/status/961231135777828866
「保育園の息子の担任の先生がな、可愛いねん。。それがな、今日は家庭訪問で更に可愛い制服着ててな」というツイートに)女性ですか(??) ご紹介いただければ嬉しいです(・・)
https://twitter.com/oik_en/status/466582971815034880
若い女性候補者の写真に) この女性のお名前をご存知の方いらっしゃいますか?
https://twitter.com/oik_en/status/1401390274371198978
上川あや世田谷区議は会うたびにキレイになっていく。男性から女性へのトランスジェンダーは女性ホルモンを恒常的に摂取するため、ますます若くなる。あやさんに恋心を抱く。
https://twitter.com/oik_en/status/67594504127000578

これらはごく一部です。「女性」にやたら執着している様子を窺えます。

嫌いな政治家を差別的に批判

及川氏は「リベラル」なので保守政党に批判的で、リベラル左派の政党に好意的な立場のようです。

特に「維新の会」には批判的らしく、自営のニュースサイトやYoutubeチャンネルで「ハゲ」「アホども」「ボケ」「ガキ」「テロリスト」などと、ひたすら中傷を繰り返しています。それもどうかと思いますが、維新の女性議員には「大阪のオバチャン市議」と揶揄してます。

安倍夫妻に子供がいないことを揶揄したり、杉田水脈氏のことを「歯並び悪いし歯はガタガタだけど見た目もいい」と評してます。(過去に保守派界隈でプチ炎上してたらしい

立場の異なる政治家を批判するのは自由ですが、及川氏は何重にも差別を重ねています。

今回は市長自宅への建造物侵入という迷惑系Youtuberみたいな逮捕の及川氏ですか、それ以前のセクハラDMや差別的言動なども、社会的に容認されません。その責任も問われるべきでしょう。

バグるリベラル男性

こういった「リベラルなのに途中から狂ってしまう」男性のことを、フェミニズム界隈では「バグるリベラル男性」と呼びます。及川氏の場合は途中からではなく最初からかもしれませんが。

リベラル男性によるセクハラや女性蔑視投稿がおびただしい数あるため、そういう特有の言い方ができたんでしょうね。

バグるどころか、凶悪な性犯罪に発展してるケースもかなり多く、事態は極めて深刻です。
社会運動内の性差別・性暴力は告発されてますし、反戦雑誌DAYS JAPANの広河隆一代表の性暴力、反貧困ネットワークの藤田孝典氏の女性蔑視投稿、Twitterで親フェミ投稿をしてたのに強制わいせつ逮捕の二階堂直樹被告、性暴力問題啓発の映画を作りながら自らが告発された榊英雄氏、三浦瑠麗氏のトイレの音と匂いを想像すると発言して炎上した津田大介氏、党幹部職員が電車内で盗撮したのに停職1カ月とだけ発表した立憲民主党…。等々…。

まぁ反権力でもリベラルでも何でもいいのですが、
イデオロギーに酔って、自分を正義と見なし、自分を疑わない奴はヤバイ!
そろそろ皆さんも気づいてほしいな!

…という辺りで今回の記事は終わります。。

よかったらシェアしてね!

このエッセイを書いた人

ジェンダーとフェミニズムを学んでます。/好きなアーティストはBLACKPINK、ITZY、Kep1er、G)I-DLE、VCHA、Melanie Martinez、Doja Cat、Bebe Rexha

エッセイはライター自身の見解や分析であり、サイト参加者全体を代表していません。

エッセイや画像の著作権は当サイトに帰属するか、著作権者より許諾を得て使用しています。許諾なく転載等の二次利用はご遠慮ください。

目次